ウクライナ軍、ルハンシク州ゾロテー近郊の集落のコントロール獲得

ウクライナ軍、ルハンシク州ゾロテー近郊の集落のコントロール獲得

ウクルインフォルム
ウクライナ統一部隊は、ルハンシク州ゾロテー付近の地点を強化した。

22日、統一部隊がフェイスブックで発表した。

発表では、統一部隊はロシア占領軍側からの砲撃から民間人の安全を確保するために、ウクライナ政府のコントロール化にある自治体周辺に安全圏を作り、強化する方策をとっている、とある。

この件については、この発表に先立ち、21日、ドミトロー・ティムチューク最高会議(国会)議員は、フェイスブックで、統一部隊の作戦の結果、約40ヘクタールにわたる領土のコントロールを回復したと述べていた。

ティムチューク議員は、「150人弱の住民は、ウクライナ解放兵士を『ウクライナに栄光あれ!』、『英雄たちに栄光あれ!』とのスローガンで迎えた」と書き込んだ。

また、同議員は、具体的に、ルハンシク州ゾロテー5における作戦であったとし、また、ロシア占領軍がウクライナ軍からの攻撃を受けないように体系的に民間インフラを利用しており、それはいわゆる「グレーゾーン」と呼ばれる空間の民間家屋も同様であると指摘した。

最近、ウクライナ統一部隊がゾロテー4のコントロールを獲得して以降、敵は、「グレーゾーン」にあたるゾロテー5の北西側民間人居住地を利用しながら、ゾロテー4にあるウクライナ軍配置地点に対する攻撃を強めていたとある。

ティムチューク議員は、「挑発的攻撃を止め、ゾロテー4の統一部隊と民間人の生命・健康を維持するためるため、『情報抵抗』(編集注:同議員が所属していた機関)が得た情報によれば、9月19日、統一部隊予備員からなる遠方諜報中隊隊員が統一部隊管理空間を拡大し、ゾロテー5の北西周辺部のコントロールを得ることで、新たな地点を獲得した」と指摘していた。

TSN局の情報では、ウクライナ諜報員のグループは、ほぼ72時間にわたる情報収拾と30分の戦闘という電撃作戦を行ったとのこと。集落「ヴィーリニー」の解放は、ウクライナ兵士の損耗なく完了したとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-