OSCE:ザハルチェンコの葬式は少なくとも100名の戦闘員が警備

OSCE:ザハルチェンコの葬式は少なくとも100名の戦闘員が警備

ウクルインフォルム
「DPR首長」の葬式には、約100名の武装した人物が警備にあたった。

この件は、OSCE特別監視団(SMM)の9月3日付報告書に書かれている。

その報告書には、このように書かれている。「9月2日、監視員は、オペラ・バレエ劇場の反対側、アルテム通り82に集まった数千人(18~60歳の男女)の人々を見た。彼らは、発表されていたザハルチェンコの死にともなう『別れの式』に参列した。監視員は、また、劇場の建物の正面に、ザハルチェンコの肖像の大きなプラカートがかけられていることに気がついた。現場には、少なくとも100名の武装集団要員がおり、中には、機関銃や拳銃で武装している者もいた。彼らは、現場を警備していた。」

OSCEは、またSMM監視員が同じときに、爆発のあったプーシキン大通りにおいても、少なくとも100名の武装集団要員がいるのを確認、彼らの中にも機関銃で武装する者がいたと記述した。

OSCE/SMMは、「彼らは、彼らがプーシキン大通りにいるのは、『テロ対策訓練』の実施と関連していると述べた」と報告した。

8月31日、被占領下ドネツィク市では、レストラン「シェパル」で爆発があり、オレクサンドル・ザハルチェンコ「DPR首長」が死亡した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-