ウクライナ汚職捜査機関、シェウチェンコ前中銀総裁を指名手配に指定

ウクライナ汚職捜査機関、シェウチェンコ前中銀総裁を指名手配に指定

ウクルインフォルム
ウクライナの政権高官の汚職犯罪の捜査に特化した捜査機関「国家汚職対策局(NABU)」は、2億フリヴニャ(約8億円)以上の横領容疑のかけられている、キリロ・シェウチェンコ前中央銀行総裁を含む、3名の人物の指名手配への指定を発表した。

NABUがテレグラム・チャンネルにて発表した

発表には、指名手配されたのは、「ウクルハズバンク」社元取締役会長、副会長、VIP顧客担当局副局長の3名だと書かれており、その内の1名がキリロ・シェウチェンコ前中銀総裁となっている。

NABUは、「彼らには、10月初旬に容疑を伝達しているが、特別手続き(編集注:遠隔伝達)においてだった。なぜなら、これら人物の居場所がわからなかったからである。それ以降、容疑者たちは、捜査官の出頭要請に応じなかったため、指名手配の発表に至った」と伝えた。

これに先立ち、NABUは10月6日、キリロ・シェウチェンコ当時中銀総裁に対して容疑を伝達していた。

シェウチェンコ容疑者に対しては、2014年から2020年にわたり、国営「ウクルハズバンク」取締役会長職に就いていた際の、2億600万フリヴニャ以上の損失をもたらした汚職スキームの策定容疑がかけられている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-