ウクライナ治安機関、ハルキウ州でのロシア軍人によるスリランカ国民虐待事件を捜査

ウクライナ治安機関、ハルキウ州でのロシア軍人によるスリランカ国民虐待事件を捜査

写真
ウクルインフォルム
ウクライナの法執行機関は、ハルキウ州ヴォウチャンシクにて7名のスリランカ国民がロシア軍人により受けていた虐待行為の捜査を開始した。

19日、検事総局がテレグラム・チャンネルにて伝えた

捜査班の情報では、7名のスリランカ国民は、ロシア連邦がウクライナへ全面的侵攻を始めた時、ハルキウ州クプヤンシクの医療大学で勉強し、同市で親族で一緒に共に暮らしていたという。

彼らはロシア軍から逃れるために、3月に7名はハルキウ市へ向かったが、道の途中でロシア軍人に拘束された後、ヴォウチャンシクの工場へと連れて行かれ、4か月にわたり監禁され続けたという。その間、ロシア軍人は、彼らの爪をはがすなどの暴力行為や心理的暴力をふるい続けたという。

9月12日、検察と警察の職員が7名を発見したとのこと。

これに先立ち、16日、ゼレンシキー宇大統領が動画メッセージの中で、クプヤンシク医療大学の学生であるスリランカ国民7名が被占領地でロシア軍によって地下に拘束され、虐待を受けていたと報告していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-