ロシア占領下南部メリトポリでロシア占領軍、記者4名を拉致 協力要請

ロシア占領下南部メリトポリでロシア占領軍、記者4名を拉致 協力要請

ウクルインフォルム
ロシアが占領するウクライナ南部メリトポリにて、21日朝、記者4名が自宅から拉致された。

ウクライナ記者組合がテレグラム・チャンネルにて報告した

報告には、3月21日、MVホールディングの記者、ミハイロ・クモク、イェウヘン・ボリャン、ユリヤ・オリホウシカ、リュボウ・チャイカのもとへ武装した人物が訪れ、彼らを連れ出し不明の方向へ連れ去ったと書かれている。

この拉致事件について伝えたのは、ザポリッジャの記者であり、「産業ザポリッジャ」の記者をしているカテリーナ・ダニリナ=ラヴォチコ氏。また、ミハイロ・クモク氏の子供であるテチャーナさんもソーシャルメディアで父親の拉致について報告した。

MVホールディングのメドヴィジ編集長は、記者組合に対して、自社の記者の拉致を認めた。武装した人物たちは、朝6時にまずオリホウシカ氏とチャイカ氏のところへ、その後他の記者のところに来たという。

メドヴィジ氏は、「1週間前に、私は呼び出され、彼ら(編集注:ロシア軍)をサポートするよう提案された。彼らは編集部に勝手に入ってきて、家宅捜索を行った。彼らは、私たちが忠誠を誓い、サポートすることを望んでいる。私は、同意しなかった。その後、私たちは別れた」と発言した。

なお、その後、21日11時、拉致された4名の内3名は、ロシア侵略軍と協力しなければいけないと言われた後に解放されそうだが、残りのクモク氏の行方は今も不明のままだという。

記者組合は、メリトポリ市の記者たちとの連帯を表明し、ロシアの報道関係者に対する戦争犯罪の事実は全て、欧州や世界の記者連合に報告していると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-