【記者襲撃】ウクレシム銀行監査委員会、総裁を解任

【記者襲撃】ウクレシム銀行監査委員会、総裁を解任

ウクルインフォルム
イェウヘン・メツヘル国営ウクレシム銀行総裁へのインタビュー時に記者が同行職員から襲撃を受け、機材を取り上げられ、データを削除された事件に関連し、同行監査委員会は、メツヘル総裁を解任した。

11日、ウクレシム銀行がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、メツヘル総裁本人から、契約の期限前終了の10月11日付申請があったため、監査委員会は、10月11日に同総裁を解任したと発表した。

これに先立ち、4日、ラジオ・スヴォボーダの汚職犯罪調査報道プロジェクト「スキーム」の記者がイェウヘン・メツヘル・ウクレシム銀行総裁へのインタビュー時に暴行を受けたと発表。記者たちは、同総裁が質問の一つを気に入らず、その後警備員がムービーカメラマンに暴行し、機材や動画データ保存器具を取り上げたという。1時間後にこれらは返却されたが、インタビュー全編や襲撃を映した動画は全て削除されていたと説明された。

なお、その後、「スキーム」の記者たちは、削除された取材チームへの暴力を映した動画の復元に成功したと発表し、動画を公開している。

11日、キーウ(キエフ)市ホロシーウシキー地区裁判所は、メツヘル容疑者の未決囚予防措置として、夜間の自宅軟禁措置を選択していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-