銃撃受けたシェフィール宇大統領補佐官「政権首脳陣への脅迫が目的」

銃撃受けたシェフィール宇大統領補佐官「政権首脳陣への脅迫が目的」

ウクルインフォルム
22日朝、自身の乗る車両が銃撃を受けたセルヒー・シェフィール・ウクライナ大統領第一補佐官は、銃撃の目的は政権首脳陣への脅迫だろうとの見方を示した。

シェフィール氏が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

シェフィール氏は、「テレビで複数の犯行動機予想を聞いた。ばかばかしい予想もあった。(大統領)チーム内に対立など一切ない…。私が言えることは、それが政権上層部への脅迫が目的で行われたものだということだけだ」と発言した。

同時に同氏は、「しかし、私たちの大統領は意思の強い人物だ。何をしても彼を脅すことなどできない」と発言した。

また、同日、イーホル・クリメンコ国家警察長官は、記者会見時、犯行動機予想として、「政権首脳陣への圧力と政治情勢の不安定化。また、外国の特殊部隊の参加の可能性も検討されている」と発言した。

長官は、捜査には警察の最も優れた職員が参加している他、保安庁(SBU)職員も支援していると伝えた。

これに先立ち、22日朝、キーウ州にて、セルヒー・シェフィール大統領第一補佐官の乗る乗用車が銃弾10発以上の銃撃を受け、同車両を運転していた運転手が負傷した

ゼレンシキー大統領は、同銃撃を殺人未遂行為だとみなしていると発言している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-