ウクライナ大統領補佐官の車両に銃撃 運転手が負傷

ウクライナ大統領補佐官の車両に銃撃 運転手が負傷

写真・動画
ウクルインフォルム
22日、キーウ州にて、セルヒー・シェフィール大統領第一補佐官の乗る乗用車が銃弾10発以上の銃撃を受け、同車両を運転していた運転手が負傷した。現在、警察が犯人を捜索している。

内務省広報室が伝えた

発表には、「今朝、およそ10時、リスニキ村近く、セルヒー・シェフィール大統領第一補佐官の車両に銃撃があった。車両には、10弾以上の銃弾が着弾。運転手が負傷した」と書かれている。

現場では捜査が行われている他、犯人の捜索のために特別作戦が実行されているとのこと。

同日、ゼレンシキー大統領は、同襲撃事件に関する動画メッセージを公開した

ゼレンシキー大統領は、それは殺人未遂行為であるとみなしているとし、「私の友人に森から銃撃することで、私によろしくと伝えるというのは、弱さの現れである。そして、それへの返答は強力なものとなる」と発言した。

大統領は、シェフィール氏は大統領補佐官であるだけでなく、大統領自身の親友でもあると述べ、「それが私たちチームの強固さに影響を与えることはない。チームとともに私が選んだ方針である、変化、影の経済の解体、犯罪組織との闘い、大きな影響力を持つ金融グループとの闘いには影響を及ぼさない。むしろ、反対の結果となる。なぜなら、この変化実現のマンデートは、ウクライナ国民が私に与えたものだからだ」と発言した。

また、アラハミヤ最高会議与党会派「人民奉仕者党」会派長は、記者団に対して、シェフィール氏はショックを受けているとし、「私は彼と少しだけ話した。シェフィール氏は、ショックを受けている。彼は、銃撃は彼に向けたものだったのだろうが、運転手が負傷した、と考えている。私の知る範囲では、自動車への銃撃は自動火器で行われた。運転手は、3か所負傷し、入院している」と発言した。同氏は、シェフィール氏は負傷していないと伝えた。

写真:内務省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-