レシャト・アメトフ氏拉致・殺害から7年 クリミア占領の最初の犠牲者

レシャト・アメトフ氏拉致・殺害から7年 クリミア占領の最初の犠牲者

動画
ウクルインフォルム
7年前の2014年3月3日、ロシア連邦によるウクライナ領クリミアの占領の際、クリミア・タタール人活動家のレシャト・アメトフ氏が拉致された。同氏は、その後遺体で発見されている。

市民団体「クリミア・タタール・リソースセンター」が同事件を回顧する記事を掲載した

同団体は、「レシャト・アメトフ氏は、ロシア占領者によるクリミアの最初の犠牲者だ。7年前の2014年3月3日、レシャト・アメトフ氏は、シンフェローポリ市にてクリミア占領に反対して一人で抗議をしていたところ、身元不明の迷彩服を着た人物たちに拉致された」と喚起した。

動画:レシャト・アメトフ氏が拉致される瞬間

その後、アメトフ氏は、同年3月15日にビロヒルシキー地区ゼムリャニチネ村の平原にて遺体で見つかっている。遺体には、左目のくぼみに刺し傷、切り傷があり、その他身体に多くの損傷が見られた。頭部はテープでぐるぐる巻きにされ、両手には手錠がかけられていた。

当時39歳、3児の父のレシャト・アメトフ氏は、ロシアの占領を受け入れず、いわゆる「住民投票」なるものの実施に抗議をしていた。

ロシア連邦「クリミア担当捜査委員会」は、同年4月にアメトフ氏殺害事件の刑事捜査を開始したが、2015年に同捜査は「殺害関与者が確立できなかった」ことで終了している。

クリミア・タタール・リソースセンターは、レシャト・アメトフ氏は、クリミアによるロシアの侵略に対するウクライナ一体性を巡る闘いのシンボルとみなしていると伝えた。

2017年5月、ポロシェンコ当時ウクライナ大統領は、レシャト・アメトフ氏にウクライナの英雄称号を付与する大統領令に署名している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-