「メドヴェチュークのパイプ」の一部差し押さえ=汚職対策局

「メドヴェチュークのパイプ」の一部差し押さえ=汚職対策局

写真
ウクルインフォルム
親露政党「野党生活党」幹部のヴィクトル・メドヴェチューク氏の所有として知られる、石油パイプライン「サマラ〜西方」の一部が差し押さえられた。

国家汚職対策局(NABU)がテレビグラム・チャンネルにて伝えた

発表には、「NABUと特別汚職対策検察(SAP)の主張を受け、高騰反汚職裁判所は、ウクライナ領にある、主要石油製品パイプライン『サマラ〜西方』の一部である技術コンプレクス資産を差し押さえた。資産は、国家資産捜索返還庁の管理下に置かれる」と書かれている。

発表には、差し押さえは、ウクライナ領を通る石油パイプラインの一部の所有権をロシア連邦と関係のある可能性のある主体に対する譲渡をめぐる捜査の一環で主導されたものだと書かれている。この汚職スキームは、NABUとSAPが2017年から捜査しているものだと説明された。

捜査官は、違法なパイプライン獲得の証拠だけでなく、それらの国家への返還可能性についても分析ができたと伝えており、そのために、検事総長、司法省、国家資産庁との協議が行われてきたと発表した。

なお、2月19日、ゼレンシキー大統領は、国家安全保障国防会議(NSDC)の決定を発効させる形で、石油パイプライン「プリカルパッチャ・西方トランス」を国家に返還させていた。

写真:NABU


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-