国家捜査局、ヤヌコーヴィチ元大統領に2010年の露との合意につき国家反逆罪容疑伝達

国家捜査局、ヤヌコーヴィチ元大統領に2010年の露との合意につき国家反逆罪容疑伝達

ウクルインフォルム
ウクライナの国家捜査局は28日、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ元大統領に対し、2010年の、クリミアにおけるロシア連邦黒海艦隊の基地使用延長とウクライナへのガス料金の値下げを交換条件として合意した通称「ハルキウ合意」の締結につき、国家反逆罪容疑を伝達した。

国家捜査局が発表した

発表には、捜査にて、ロシア連邦によるクリミア自治共和国とセヴァストーポリ市の占領計画を実行する出来事を明らかにしたと書かれている。

国家捜査局は、「2008年末、ロシア連邦は、ウクライナ政権幹部に対し、ウクライナ領におけるロシア連邦黒海艦隊の駐留旗艦の延長合意への署名を求めつつ、ガス料金を2倍に上げた。2009年を通じて、ロシアは、ウクライナの政権幹部に露黒海艦隊のウクライナ領滞在延長をさせることができなかった。2010年2月、ウクライナ大統領(編集注:ヤヌコーヴィチ氏)の就任式後、その合意は2か月間で署名された。その際の口実に利用されたのはガス料金の値下げであったが、その料金は1年前に2倍に引き上げられたものであり、値下げ後には以前の料金に戻っただけであり、実質的には値下げはなかったのである」と指摘した。

続けて発表には、元ウクライナ大統領による、ウクライナ領クリミア自治共和国・セヴァストーポリ市へのロシア軍軍人の増加の前提条件、これら軍人のウクライナ領へのさらなる滞在のための条件創出は、ウクライナ憲法第17条に反するものであり、その後のロシアによるクリミア占領にとって都合がよく、ウクライナにとっての都合の悪い国内外状況を生み出し、ロシアによるクリミア占領、国家施設の奪取などの損害を生み出したと書かれている。

その上で、国家捜査局は、1月28日に書面の形でヤヌコーヴィチ氏に国家反逆罪の容疑を伝達したと伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-