昨年の違法渡航者9000人以上摘発=国境警備庁

昨年の違法渡航者9000人以上摘発=国境警備庁

ウクルインフォルム
ウクライナ国境警備庁は、2020年に同庁職員が摘発した違法移民を約9250人と発表した。

27日、国境警備庁広報室が発表した

発表には、ウクライナへの滞在ルールに違反したことで拘束された人物は8000名を超えると書かれている。その内、4340名は空港の国境検問地点で摘発されたとあり、国籍別では、ロシア連邦国籍者が最大で1008名、これに続き、モルドバ籍872名、アゼルバイジャン籍645名、ジョージア籍642名、ハンガリー籍623名、トルコ籍535名、アルメニア籍312名、ルーマニア籍278名であったと発表された。

また、入国審査時に潜在的違法移民として入国を拒否した人物は5000名を超えるとある。空港での入国拒否事例が最も多く2960件。国籍別では、ロシア連邦籍1477名、トルコ籍1427名、インド籍272名、モルドバ籍216名、アゼルバイジャン籍206名であったと発表された。

違法な国境通過により拘束された人物は、1067名。国籍別では、モルドバ籍206名、トルコ籍131名、アフガニスタン籍62名、ロシア連邦籍62名、バングラデシュ籍58名、インド籍56名であったと書かれている。

また、欧州連合(EU)加盟国との国境では、691名が違法移民として拘束されており、とりわけ、ポーランドとの国境で263名、スロバキアとの国境で217名が拘束されたと発表されている。

写真:国境警備庁


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-