キーウ市内で米大使館職員殺害

キーウ市内で米大使館職員殺害

ウクルインフォルム
9月30日、キーウ(キエフ)市内で在ウクライナ米国大使館の職員が頭部を負傷した状態で発見され、病院に搬送されたが、間もなく死亡した。

キーウ市国家警察コミュニケーション課が公表した

警察は、「本日、首都警察に、市内シェウチェンキウシキー地区のトルブヒナ通りにある鉄道線路近くの森林公園にて頭部を負傷した女性が発見されたとの102番通報が入った。通報を受けて、警察部隊、警察総局と地域局の緊急捜査班、他関連機関代表者が速やかに現場に向かった」と伝えた。

警察は、女性は意識を失ったまま病院へ運ばれたが、間もなく病院で死亡し、持ち物を調べる中で、女性が米大使館職員であることを示す身分証明書が見つかったと伝えた。

発表には、現在事件現場での捜査が行われており、目撃者、証言者を探していると書かれている。

また警察は、女性を殴打した可能性のある人物像として、30〜40歳程度の男性であり、身長190〜200センチ、黒のショートパンツ、紺色の運動靴とTシャツを装着し、頭の側面を短く刈り上げた黒髪の人物だと発表した。現在捜索が続いているとのこと。

また米大使館は同日、ツイッター・アカウントにて、同事件にコメントした。

コメントには、「私たちは、在キーウ米大使館のアメリカ人メンバーの死について深い悲しみを持って報告する。現在、在キーウ米大使館の幹部は、死亡状況確立のために政権機関と仕事をしている」と書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-