キーウ市内、2日間で防疫ルール違反の施設97件摘発

キーウ市内、2日間で防疫ルール違反の施設97件摘発

動画
ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市警察は、過去2日間で経済活動を行う531の施設の調査を行い、新型コロナウイルス感染対策として導入されている防疫ルールの違反により97の調書を作成した。

キーウ市警察がフェイスブック・アカウントにて報告した

発表には、「この週末、機動グループの警察官は、娯楽施設、飲食店、商業施設を含む、経済活動を行う531の施設を調査した。調査結果、97の施設にて、防疫制限違反が見つかった。その内、28は、ナイトクラブやディスコなどであった」と書かれている。

行政違反法典第44-3条(防疫ルール違反)の要件違反により、施設の責任者に対して、調書が作成されたとし、罰金額は3万4000フリヴニャから17万フリヴニャまでとなると説明されている。

警察は、7月8日付政府決定により、夜23時から朝7時まで、娯楽施設、飲食店(宅配サービスと持ち帰りサービス除く)、文化施設(映画館除く)の営業は禁止されていると喚起した。

写真:キーウ警察


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-