警察、コジャラ元外相を殺人容疑で拘束

警察、コジャラ元外相を殺人容疑で拘束

ウクルインフォルム
25日、ヤヌコーヴィチ政権下で外相を担っていたレオニード・コジャラ氏が、企業家のセルヒー・スタリツィキー氏殺害容疑で拘束された。

アントン・ヘラシチェンコ内務次官がフェイスブック・アカウントに書き込んだ

同次官は、「たった今警察官によりセルヒー・スタリツィキー氏意図的殺人の容疑でレオニード・コジャラ元外相が拘束された」と書き込んだ。

現在、コジャラ容疑者は未決囚予防措置選択のために裁判所に連行されているとのこと。

これに先立ち、2月21日、レオニード・コジャラ元外相(2012〜14年)の住むチャイキ村の共同住宅建物にて、テレビ局「インテル」の元総裁、テレビ局「トニス」の現総裁、広告会社アトランティック・グループの共同創設者であるセルヒー・スタリツィキー氏が殺害されたことが伝えられていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-