汚職対策局、これまで20名の政権高官を起訴と報告

汚職対策局、これまで20名の政権高官を起訴と報告

ウクルインフォルム
アルテム・シートニク国家汚職対策局(NABU)局長は、NABUでは現在792の汚職捜査が行われており、438名が裁判にかけられているとし、20名の政権高官が起訴済みであると説明した。

7日、シートニク局長が2019年下半期のNABUと特別汚職対策検察(SAP)の活動報告を行なった。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

シートニク局長は、「NABUには、792の捜査が行われている。現時点で、438名の容疑者に関する案件が裁判審議中であり、245件が起訴されている」と発言した。

局長は、汚職容疑が伝達された人物として、国営企業総裁10名、元最高会議議員10名、閣僚2名、省の次官1名、国家安全保障国防会議(NSDC)第一副書記1名、中央銀行第一副総裁1名、元国家汚職予防庁代表1名、元国家移民局第一副局長1名、大統領府幹部1名を挙げ、これら起訴された人物のうち、20名が政権高官に該当する人物であると説明した。

更に、シートニク局長は、2019年下半期に終了した大規模な捜査として、国営スペツテフノエクスポルト社の22億2500万ドル喪失捜査、ザポリッジャオブルエネルホ社の346億2200万フリヴニャ横領捜査、ツェントルハズ社の860万フリヴニャ喪失捜査を挙げた。

シートニク局長はまた、NABUには現在677名の職員が勤務していると述べ、概ねそれぞれに3つの捜査が割り当てられていると伝えつつ、「それは巨大な負荷である。しかし、私たちは、引き続き作業を行い、結果を出す準備がある」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-