テロ幇助の罪でヘルソン州住民に8年の拘禁刑判決

テロ幇助の罪でヘルソン州住民に8年の拘禁刑判決

ウクルインフォルム
ヘルソン州保安庁(SBU)の捜査により、同州住民に対して、テロ組織「DPR/LPR」幇助の罪が遠隔で言い渡された。

13日、SBUが発表した

発表には、「州検察の手続き監督の下でSBUが行った裁判前捜査により、ノヴァー・カホウカの住民が積極的な反ウクライナ・プロパガンダ、アジテーションを行なっていたことが明らかとなった。同人物は、刑事責任から逃れるために、2014年10月、ドネツィク州一時的被占領地域へ移動している。この犯罪者は、テロリストに加わり、ある違法武装集団の副司令官のポストに就いている」と書かれている。

この人物は、テロ組織「DPR」へ加わる人員募集を行い、検問地点や宿舎の人員交代を管理したり、テロ組織幹部の命令実行をフォローしたりしていたとのこと。また、発表には、拘束されたウクライナ軍人に対し、部隊の軍人数、司令部、配置地点に関する尋問を行うなどもしていたという。

SBUは、2016年9月以降、この人物は、被占領下ルハンシク州に滞在し、テロ組織「LPR」の活動に加わり、「ルハンシク人民共和国人民警察第7旅団」の活動支援をしていると伝えた。

ザポリッジャ州ボルジャンシキー市地区裁判所は、捜査によって得られた証拠をもとに、この人物が刑法典第258-3条(テロ集団・テロ組織参加)により有罪であると判断し、8年間の拘禁刑を判決したとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-