保安庁、年始から違法ガソリンスタンドを約400軒閉鎖

保安庁、年始から違法ガソリンスタンドを約400軒閉鎖

写真
ウクルインフォルム
保安庁(SBU)は、年始以降、ウクライナ9州にて、違法に営業していたガソリンスタンドを407軒閉鎖させた。

SBU広報室が発表した

発表には、「今年の初めからの9週における調査方策の結果、407軒の違法ガソリンスタンドを摘発。活動を停止させた」と書かれている。

とりわけ、SBUは、首都圏において285軒の違法ガソリンスタンドを閉鎖させたと発表。これらの施設は、安全上のルールに著しく違反していたり、必要な文書を有さないまま活動をしていたりしていたとのこと。発表には、脱税をしながら、質に疑問のあるガソリンの売却が行なわれていたと書かれている。

写真:SBU

この他、フメリニツィキー州で38軒、南部では、オデーサ州で25軒、ミコライウ州で19軒、ザポリッジャ州で8件を閉鎖。中部では計16軒を閉鎖させたという。

これに先立ち、昨年12月26日、オレクシー・ホンチャルーク首相が、国家財政庁、治安機関、管理機関に対して、2020年1月9日までに、違法な燃料の売買を巡る問題を解決するよう指示を出したと発表していた。SBUは、12月28日時点で、全国で約300件の違法ガソリンスタンドの活動を停止させたと発表していた。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-