3歳児殺害事件:裁判所、容疑者2名を逮捕

3歳児殺害事件:裁判所、容疑者2名を逮捕

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市地区裁判所は、キーウ州議会のヴヤチェスラウ・ソボリェウ議員の3歳の息子の殺人容疑のかけられている、オレクシー・セメノウ氏とアンドリー・ラウレフ氏への未決囚予防措置として、保釈金設定のない逮捕の判決を下した。

キーウ市検察のナジーヤ・マクシメツ広報官が伝えた。

マクシメツ広報官は、ラウレフ容疑者については、ウクルインフォルムに対して、「裁判所は、同容疑者に対して、保釈金設定のない逮捕の未決囚予防措置を選択した。捜査班は、同容疑者が発砲し、その銃弾が子供に命中したとみなしている」と発言した。

同広報官はその後、もう一人のセメノウ容疑者につき、自身のフェイスブック・アカウントにて、「首都検察の主張を受けて、3歳男児殺害の二人目の容疑者も、同様に保釈金設定のない2か月間の逮捕が決まった」と書き込んだ

なお、本件は、12月1日夜、12月1日、キーウ市内にて、自家用レンジローバーへの銃撃が行われ、乗車していた3歳の児童が死亡した。運転していたのは、キーウ州議会議員のヴャチェスラウ・ソボリェウ氏であった。

翌2日、キーウ市警察が、同殺人の容疑者を拘束したと発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-