保安庁、日本の骨董品のウクライナへの密輸を摘発

保安庁、日本の骨董品のウクライナへの密輸を摘発

写真
ウクルインフォルム
保安庁(SBU)は、日本の骨董品・美術品のウクライナ国内への違法持込を摘発した。密輸が試みられたこれら物品の評価額は約30万ドルとのこと。

2日、SBU広報室が伝えた

SBUは、「キーウ(キエフ)税関ポスト『スヒードニー』に日本からの物品を積んだコンテナーが3台到着。発注者は、ウクライナに長期滞在している外国人であり、これら物品を生活用品とスポーツ用品だと申告していた。治安機関職員は、積載物の検査の際に、一部の物品が税関申告の内容と一致しないことを発見した。専門家たちは、コンテナーに東方様式の屋内装飾用骨董品が入っていることを確認。古物の刃物、生活用品、家具である。いくつかのものは18~19世紀のものであり、収集家の間で高く評価されているものである」と書かれている。

SBUは、摘発した物品は押収し、更なる調査に回したとのこと。

また、文化的価値のある物品の密輸の容疑で刑事捜査が開始されたと書かれている。

写真:SBU広報室


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-