保安庁、特殊作戦にて、ロシア侵略の証言者を政府管理地域に連行

保安庁、特殊作戦にて、ロシア侵略の証言者を政府管理地域に連行

ウクルインフォルム
保安庁(SBU)防諜要員は、特殊作戦にて、ドンバス被占領地ソローキネ市住民であり、ロシア連邦のウクライナへの武力侵略の証言者となる人物を政府管理地域に連行した。

8日、SBU広報室が伝えた

発表には、「職員が発覚させたのは、この男性は物質的困難からいわゆる『LPR人民警察第2軍集団』修理小隊に入り、戦地で武装集団の故障した軍事技術品の修理を行っていたことである。しかし、男性は、自らの行為の誤りを認識し、政府管理地域にてロシア・テロ軍の犯罪的活動について証言する準備を示した」と書かれている。

SBUは、防諜要員と捜査官が調査したところ、この男性は戦闘には直接参加しておらず、重罪を犯していないことが判明したとし、加えて、同男性がロシア連邦のウクライナ武力侵略に関する重要な証拠を捜査に提供したことから、裁判所が同男性の刑事責任を免除する判決を下したと伝えている。

SBUはまた、テロ集団の構成員は、その運営者や幹部を除き、ウクライナ治安機関に自発的にテロ集団の活動について伝え、集団の活動停止や犯罪摘発に協力し、同人物の行動にその他の犯罪がない場合、その人物の刑事責任が免除されることを喚起した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-