112局建物への砲撃事件 OSCE、適切な捜査を呼びかけ

112局建物への砲撃事件 OSCE、適切な捜査を呼びかけ

ウクルインフォルム
13日未明、キーウ市内の112局建物にて、グレネードランチャーによる砲撃が行われた。この事件につき、OSCE報道の自由問題担当のアルレム・デジル代表は、ウクライナに対して完全な捜査を行うよう呼びかけた。

事件が起きたのは、13日未明、キーウ市のデフチャリウシカ通り。「112ウクライナ」局の建物に対して、2名の正体不明の人物がグレネードランチャーで砲撃した。被害者はなし。警察は、本件を「テロ行為」に分類している。

13日、本件につき、デジルOSCE報道の自由問題担当代表の声明がOSCEのウェブサイトに掲載された

デジル代表の声明には、「私は、キーウ市の112ウクライナ局の建物への攻撃を非難する。幸運なことに、誰も怪我をしていないが、しかし、マスメディアに対してのこのような攻撃や脅迫は、起きてはならないことである。これは、劇的な被害をもたらし得た、前例のない脅迫行為である」と書かれている。

同時に、デジル代表は、ウクライナの治安機関が今回の事件に迅速に対応したことを評価している。声明には、「私は、ウクライナ政権に対して、この攻撃への完全な捜査を行い、この犯罪に責任を負う人物の罰すよう呼びかける」と書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-