検事総長、武装集団の「国民投票」を組織した人物を拘束したと発表

検事総長、武装集団の「国民投票」を組織した人物を拘束したと発表

ウクルインフォルム
検事総局と保安庁(SBU)が、以前「DPR中央選挙管理委員会委員長」を自称し、2014年5月に違法な「DPR国民投票」を組織・実施したロマン・リャーヒン(露語:リャーギン)氏を拘束した。

14日、ルツェンコ検事総長が自身のフェイスブック・アカウントに書き込んだ

検事総長は、「検事総局とSBUが『DPR中央選挙管理委員会委員長』を拘束した。この人物は、2014年5月にいわゆる『DPR国民投票』を組織・実施した人物である。リャーヒン氏は、国家反逆罪の容疑がかかっている」と書き込んだ。

なお、これに先立ち、2019年3月、SBUが実施する違法武装集団参加者の刑事責任を免除するプログラム「家へ戻っておいで」を利用し、リャーヒン氏が政府管理地域へ入ったとの情報が流れていた。SBUは、この情報を公式には認めていなかった。

リャーヒン氏は、2014年5月11日の「DPR国民投票」の際に「DPR中央選挙管理委員会」の「委員長」であった人物であり、オレクサンドル・ザハルチェンコ氏が「DPR首長」に選出されたと発表した人物である。2014年5月16日から9月26日までは、「DPR労働・社会政策相」を担い、同年9月26日からは再び「DPR中央選挙管理委員会委員長」となっていた。

2016年4月、ザハルチェンコ「DPR首長」(当時)はリャーヒン氏を「職務と相容れない活動に関係している」として解任していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-