汚職対策局、アレロウ前国家警護隊司令官に公金横領容疑を伝達

汚職対策局、アレロウ前国家警護隊司令官に公金横領容疑を伝達

ウクルインフォルム
国家汚職対策局(NABU)は、ユーリー・アレロウ前国家警護隊司令官と他2名に対し、国家警護隊総局の公金約816万の横領容疑を伝達した。

15日、NABU広報室が発表した。

発表には、「NABU捜査官は、3名に対し、国家警護隊総局の公金816万4000フリヴニャの横領容疑を伝達した。本件は、前国家警護隊司令官、建設会社総裁と鑑定士のことである」と書かれている。

NABUの発表によれば、捜査の結果、2000年代、ウクライナ内務省軍総局(のちの国家警護隊総局)と建設業が、かつての軍の基地のあった土地に集合住宅を駐車場とともに建設することで合意。その代わりに、国家警護隊がアパート50戸、駐車場30台分を獲得したのだという。

しかし、その後の2016~17年に両者は追加合意をし、これにより、国家警護隊が、以前獲得したこれらアパートと駐車場を手放す代わりに、キーウ市郊外(地下鉄チェルヴォーニー・フーチル駅近く)の同社建設の集合住宅のアパート65戸を獲得したとのこと。捜査の結果、この新たな65戸のアパートの資産総額は、ペチェルシク地区で国家警護隊が受け取るはずだったものより、8163万5448フリヴニャ安いものであることが判明したと伝えられている。

近く、容疑者に対する未決囚予防措置の選択が行われると伝えられている。

NABUは、本件の捜査は、2017年12月のBihus.Infoの調査報道の内容をもとに開始したものであると伝えた。

なお、これに先立ち、5月14日、NABU捜査官がアレロウ前国家警護隊司令官を拘束したことが報じられていた

写真:アポストロフ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-