国境警備隊、クリミアを違法訪問したロシア俳優2名のウクライナ入国を拒否

国境警備隊、クリミアを違法訪問したロシア俳優2名のウクライナ入国を拒否

ウクルインフォルム
国境警備隊は、被占領下クリミアを違法に訪問した2名のロシア俳優のウクライナ入国を認めなかった。

25日、国境警備庁広報室が伝えた。

発表には、「クリミアを違法に訪問していたことを理由に、劇場と映画の俳優2名、ロシア国民のウクライナへの入国が認められなかった」と書かれている。

国境警備庁によれば、1人はミンスク経由でボリスピリ空港に到着した人物で、もう一人は、オデーサ空港にドラマ撮影の予定で訪れた人物であったとのこと。

発表には、「ウクライナの一時的被占領地における国民の権利と自由保障と法制度」法への違反をした場合、その人物は、ウクライナへの入国が3年間禁止されることが喚起されている。

また、同発表には、今年に入ってからすでに1000件以上の被占領地域出入域手続違反が確認されていると伝えられている。なお、昨年は、約2200件であったとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-