保安庁発表:ロシアの特殊機関が計画していたハルキウ地下鉄でのテロを未然に防止

保安庁発表:ロシアの特殊機関が計画していたハルキウ地下鉄でのテロを未然に防止

ウクルインフォルム
保安庁(SBU)は、重要インフラ保護の防諜包括方策の一環で、ハルキウ市地下鉄でテロを未然に防いだと発表した。

22日、SBU広報室が発表した。

発表には、「SBUの作戦部隊は、ロシア連邦の特殊部隊がハルキウ市民を雇い、同市地下鉄駅の一つにてテロを計画していたことを摘発した。計画者の案は、大統領選の前の時期に、この爆発により多くの人に被害をもたらし、国内の社会・政治情勢を不安定化させることにあった」と書かれている。

発表によれば、刑事捜査の一環で判明したこととして、ロシアの特殊機関が実行犯に対して、600グラムのTNTからなり、携帯電話により起爆させる爆発物が渡されていたことを記録したとのこと。また、テロ実行のために、1万5000ドルが支払われていたと書かれている。

写真:SBU


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-