クリヴィー・リフ市で麻薬と武器摘発の特殊作戦 14名拘束

クリヴィー・リフ市で麻薬と武器摘発の特殊作戦 14名拘束

ウクルインフォルム
12日から13日にかけての夜間、南部クリヴィー・リフ市の複数地区で、警察諸機関が麻薬・武器摘発特殊作戦を実施し、14名の人物を拘束した。

13日、ドニプロペトロウシク州国家警察総局コミュニケーション課が発表した

発表によれば、拘束した14名から摘発したのは、「173のストローとメタンフェタミンに似た化合物、アヘン70ml、小分けした65袋のマリファナ、拳銃1丁と9ミリ口径銃弾弾倉5個」とのこと。

警察は、13の案件に関する裁判前捜査が開始されたと伝えた。そのうち4つは麻薬の違法取引であるとのこと。

なお、クリヴィー・リフ市では、2月14日にも、大規模麻薬取引摘発作戦が実施され、60の家宅捜索が行われ、18名が拘束されたことが報じられていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-