キーウ市内にて記者に対する集団暴行事件発生 警察は容疑者9名連行

キーウ市内にて記者に対する集団暴行事件発生 警察は容疑者9名連行

ウクルインフォルム
24日夜、キーウ(キエフ)市内のヴィドゥビチ地区にて、「ストップ・汚職」の撮影チームに対して、身元不明の人物による集団暴行が発生した。

同日、記者のロマン・ボチカラ氏がフェイスブック上の自身のアカウントで伝えた。

ボチカラ氏は、「記者たちは、治安機関職員2名とともに、砂の盗難が発生している場所を訪れていた。そこには、武装した若者たちがおり、盗んだ砂を載せたトラックの通行を管理していた。この若者は、記者たちを見ると、記者の顔にガスを吹きかけたり、雪の上に押し倒して殴ったりし始めた。銃の使用もあり、また、次来たら殺すとの脅迫もあった。負傷した活動家(記者)の一人は、(国家警護隊)アゾフ連隊の退役兵であり、反テロ作戦の参加者として表彰された人物である。負傷した彼らは、病院に運ばれた」と書き込んだ。

ボチカラ氏によれば、記者の一人は歯を折られ、動画カメラ担当はうなじに内出血ができ、撮影班が使っていた車両は、斧で攻撃され、窓ガラスが割られたと説明、金銭の入ったかばんも盗まれたと伝えた。

なお、同氏は、キーウ市内のヴィドゥビチ地区は、最大規模の違法な砂の採掘場があり、年間1億フリヴニャ相当の盗掘が行われていると説明した。

また、この事件に対して、25日、キーウ市警察は、現場捜査を行った際に、今回の暴行の容疑者である9名を連行したと発表した。これら容疑者は、自らを警備員だと名乗ったとのこと。

発表には、「キーウ市内の記者に対する暴行容疑で、9名の人物を警察署に連行した。彼らは、証言をしており、また人物特定をはじめとした捜査が続いている。今回の襲撃により、犯人には、最大9年の懲役刑が想定される」と書かれている。

警察は、事件現場調査の過程で、斧、ガス缶、ナイフ2本、使用許可書付ゴム弾銃、猟銃、外国産拳銃、銃弾、車両3台を押収したと発表した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-