スーミ市モスクワ聖庁教会敷地内にて小規模爆発発生事件 容疑者を摘発

スーミ市モスクワ聖庁教会敷地内にて小規模爆発発生事件 容疑者を摘発

ウクルインフォルム
18日、北部スーミ市のウクライナ正教会モスクワ聖庁に属する救世主顕栄大聖堂敷地内にて爆発が発生。翌19日、警察と保安庁(SBU)により容疑者が拘束された。

19日のスーミ州警察の発表によれば、現場にて作業をした捜査班と爆発物調査班によれば、爆発はサバイバルゲーム用の爆発物ととうもろこしの実を使って起こされており、また教会施設には損傷はなく、被害者もないとのこと。

また同日、同警察は、警察とSBU職員がこの爆発に関与したと見られる地元住民を摘発したと発表した。

発表には、「スーミ市にて、警察とSBU職員は、救世主顕栄大聖堂にて暴動行為を行ったとみられる容疑者を摘発した。容疑者2名は、地元の若い男性。現在関連捜査が継続している。捜査時に1名から爆発時に使われたものと同じ爆発物が発見された」と描かれている。

写真:SBU


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-