ハンジュークさん殺害事件、警察から保安庁に捜査を移譲

ハンジュークさん殺害事件、警察から保安庁に捜査を移譲

ウクルインフォルム
警察は、ヘルソン市議会職員で活動家のカテリーナ・ハンジュークさん殺害事件に関して、自らの必要な捜査は全て行ったとして、刑事捜査を保安庁(SBU)に移譲したと発表した。

5日、内務省広報室が発表した。

発表には、「警察は、自らの権限の範囲内で行える必要な捜査を全て実行した。11月5日付の検事総局の決定により、本件は保安庁捜査総局へと移譲された」とある。

また、同発表によれば、警察は、自らの権限内で、367回の事情聴取、21回の裁判向け調査、9回の家宅捜索、4回の捜査実験、26回の調査、31名の人物に対して100回の非公開捜査を実施したとのこと。

その上で、内務省は、「5人の容疑者に関する捜査が終了した。彼らがこの犯罪の実行犯であり計画を立てた人物達である。検事総局の決定を受け、客観的捜査のための物証・書類は、全て保安庁捜査総局に渡された。同局が、犯罪依頼者の摘発に関する捜査を行っていく」と強調した。

内務省は、これにより保安庁捜査官が捜査を統合し、計画時点から犯罪実行後までの裁判前捜査を行えるとしている。

これまでの報道にあるように、11月4日、活動家であり、ヘルソン市議会職員であったカテリーナ・ハンジュークさんが病院内で死亡した。ハンジュークさんは、7月に硫酸をかけられて入院していた。享年33歳であった。最新情報では、血栓がちぎれたことが死因と関係するとのこと。

7月31日、ハンジュークさんに対して、身元不明の人物数名が硫酸をかけた。その結果、ハンジュークさんは、全身火傷を負い、とりわけ、視力を一部失っていた。ハンジュークさんには、キーウにて10回以上の手術が行われていた。

ハンジュークさんへの攻撃の実行犯は、5名全員が拘束されている。

なお、11月4日、捜査官は、本件の捜査を刑法典にのっとり意図的殺人に変更している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-