ケルチ市の複数殺人、死者数が21名に

ケルチ市の複数殺人、死者数が21名に

ウクルインフォルム
ケルチ市の大学への襲撃の結果として亡くなった人物の数が21名となった。

18日、ロシアのタス通信が医療施設から報じた。

報道では、「女性がさらに1名亡くなった。これにより、死者数は21名となった」との発言を伝えた。

10月18日朝時点では、ケルチ市の武力襲撃の結果負傷した44名のうち、蘇生治療を受けているのが12名。ロシア保健省のヴェロニカ・スクヴォルツォヴァ大臣は、昨夜3名の容態が安定し、意識を回復したと述べた。

同大臣の発言では、主要な死因は銃撃による負傷であるとのことで、「子ども達の筋肉は激しく損傷しており、医者は銃弾等を内臓から取り除いている。複数名は、足部先端やふくらはぎの肉を失った」と発表した。同大臣は、蘇生には時間がかかると述べた。

これまでウクルインフォルムが報道したように、17日、これまでにウクルインフォルムが報じたように、10月17日、ケルチ市の工科大学において、正体不明の物質による爆発と銃撃が起た。死亡した者のうち、15名が大学生、そのうち6名が未成年者人であることが伝えられている。

クリミア自治共和国検察は、同件をテロとして捜査を開始した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-