テロではなく、複数殺人:ロシア捜査委員会、ケルチの事件の捜査分類を変更

テロではなく、複数殺人:ロシア捜査委員会、ケルチの事件の捜査分類を変更

ウクルインフォルム
ロシア捜査委員会は、ケルチの大学での銃撃事件の捜査案件を、テロから2名以上殺人へと分類の変更を行った。

17日、捜査委員会のウェブサイトで発表された。

「犯罪の全体像から見て、捜査は、この若者が大学にいた人々を銃撃し、その後自殺をしたと暫定的に考えている。これに関し、ロシア連邦刑法典第205条にのっとって開始された捜査は、同法典第105条2項(危険な手段での2名以上の殺人)に分類変更した」とある。

ロシア捜査委員会によれば、現時点で判明している死者数は17名。初期鑑定からは、彼らの死因は銃撃による負傷であることが確認されているとのこと。また、犯行を実施したのは、18歳、4年生の学生、ウラジスラフ・ロスリャコフであるとのこと。

これ以前には、ケルチ市の大学の一つにおいて発生した爆発事案に関して、ロシア連邦刑法典第205条(テロ行為)にのっとり刑事捜査が開始と発表されていた。

17日、ケルチの工科大学において、爆発が発生。これまでは、13名あるいは18名が死亡、50名近くが負傷、その過半数が子どもと報じられていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-