汚職対策局、インラフ大臣に容疑文書を手交

汚職対策局、インラフ大臣に容疑文書を手交

ウクルインフォルム
13日、国家汚職対策局(NABU)職員は、ヴォロディーミル・オメリャン・インフラ相に、「違法蓄財」の容疑に関する文書を手渡した。

オメリャン・インフラ相がフェイスブックで明らかにした。

オメリャン・インフラ相は、9月13日朝、NABU職員から10年前の出来事による違法蓄財の容疑と、2016年に2週間居住地を申告しなかったことによる容疑を手渡されたと説明した。

また、NABU広報室も、公式ウェブサイトにおいて容疑の詳細を公表した。

発表文には、「9月13日、NABU捜査官は、特別汚職検察(SAP)の手続主導のもと、インフラ相に、刑法典の『違法蓄財』と『不正確な情報の申告』に定められた刑事捜査を通じた容疑を手交した」とある。また、NABUは、同大臣の容疑詳細に関するインフォグラフィックも公開した。

また、ナザール・ホロドニツィキーSAP長は、ウクルインフォルムに対して、SAPは、同大臣の裁判が続く間の予防措置として、保釈金500万フリヴニャを選択するよう裁判所に対して要求していくと述べるとともに、同大臣の逮捕や拘束を行う根拠は見当たらないと指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-