ヘルソン州左岸の露軍攻撃数は低下 敵は装備を節約している=宇報道官

ヘルソン州左岸の露軍攻撃数は低下 敵は装備を節約している=宇報道官

ウクルインフォルム
ウクライナ軍南部司令部「ピウデン」のフメニューク合同調整報道センター長は9日、南部ヘルソン州のドニプロ川左岸地域の戦闘につき、ロシア軍の攻撃件数が低下し続けており、過去24時間は攻撃の試みは2回しかなかったと報告した。

フメニューク氏がテレビ番組「統一ニュース」出演時に発言した。

フメニューク氏は、「私たちは、陣地を維持し、敵の攻撃を撃退し続けている。戦略者の側からは、攻撃烈度が著しく低下しており、過去数日は、3〜4回の攻撃だったが、過去24時間数えられた試みは2回だった。しかし、その試みは成功していない。歩行による襲撃班の行動が続いており、敵は装甲兵器を使用していない。(編集注:装甲兵器を)明らかに節約している」と発言した。

同氏はまた、その装甲兵器の節約はしばらく続いているものだと指摘した。

記者から、その節約は、ロシア軍に装甲兵器が少なくなっているということかと質問すると、フメニューク氏は、ロシア側には装甲兵器は十分にあると述べた。

その際同氏は、「しかし、彼らは、襲撃の度にそれを確実に失っていけば、すぐにそれが少なくなることを理解している。装甲兵器は彼らにはまだ必要なのだ」と説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-